環境

私共は皆、搭乗員と一体となって環境に取り組んでいます。

私共は、環境負荷を減らし、サステナブルな開発の文化を促進することを目指して空を飛んでいます。

燃料管理

安全で効率的で環境に優しい民間航空輸送

 

燃料には費用がかかり、その排出ガスにはさらに費用がかかります。

目標を定めた取り組みにより、CO2排出量を年間95,000トン以上削減し、30,000トンの燃料を節約することができました。 以下は行われた取り組み方法です。 関係するすべての会社のプロセスを接続する統合効率ポリシーの実装によって、ルート計画、購入、メンテナンス、地上運用、機内サービスおよび機器、運用管理、実施、常に航空規制で要求される安全基準に準拠しています。* 

 

絶え間ない社内コミュニケーションと効果的な関与のおかげで、私たち一人一人は、社内のどこにいても、これらの目標を達成する上で自分の役割を果たすことができます

*CO2排出量に関する監査

アリタリアは2019年の年次CO2排出量監査を無事に完了し、その目標は、所管官庁である京都議定書管理委員会に伝えられました。これは、環境庁に直接依存しており、かつ運輸省、ENAC、GSEで構成されています。

監査には、2つの必須の国際規制スキーム、国内およびヨーロッパ内のフライト用のEU-ETSと、国際および大陸間フライト用のCORSIAに会社が関与します。 どちらも、IATAによって完全にサポートされているスキームであり、弊社が毎年測定する排出制限に基づいています。また、排出量監視プロセスの管理がサードパーティの監査人によって実行された後にのみデータが承認されます。

さらに、アリタリアは2013年以来、ICAO(国際民間航空機関)にENACとともに参加しており、これは、世界70カ国以上との多大な統合と仲介によって得られたCORSIA(国際航空の炭素オフセットおよび削減スキーム)の作成に貢献しました 。

2019年の排出量の数値は、CORSIAスキーム内のベースライン、または各航空会社のCO2最大排出量の上限を特定するのに役立ち、この分野の継続的な改善を刺激します。

ゼロ・ペーパー

紙を地上に残して、飛行機を軽くしました

 

「ゼロ・ペーパー」は、機内の紙をほぼ完全に排除したプロジェクトです。 これまで以上に技術的なパイロットとフライトアテンダントは、仕事を行い、あなたのニーズを満たすためにタブレットを装備しています。 結果 年間600トンの燃料と2,000トンのCO2の減少に相当する紙の節約。

騒音の減少

騒音低減という弊社の取り組み。

  

サステナビリティは沈黙と調和します。 当社は、航空機の75%が国際民間航空機関の要件を満たしており、最も騒音の少ない運送企業の1社です。 当社の各航空機には、ICAOが発行した関連する国際基準に準拠して、耐空性証明書の発行のために実施されたテストに続いて、メーカーと航空当局が共同で発行した音響証明書が装備されています。

#FLYGREEN

サステナブルな開発の文化は、環境負荷を低減します。

環境問題への意識を広めることは私共の目標の1つです。 そのため、フライトアテンダントのトレーニングに持続可能性のテーマを含め、機内の無駄を減らす方法についてのアイデアや提案を直接求めています。

この提案は新しい「エコ」手順に影響を与え、わずか8か月で、機内で使用する2,100万個を超える使い捨てのプラスチック/紙とガラスのボトルを節約できました。