確認

または国を選択

IT US UK FR ES

機内サービス

機内でリラックスしてお過ごしいただくための情報、電子機器の使用や特別食など、安全で快適な旅をお楽しいただくために役立つ情報です

快適なフライトのために

機内で快適にお過ごしいただくのに役立つ情報です。ぜひご出発前にご確認ください。

持病のある方

心臓、肺、アレルギー、喘息などの持病をお持ちの方は、事前にかかりつけの医師にご相談ください。ご出発7日以内に担当医師が記入したメディカルフォーム(MEDIF)をご提出頂く必要があります。

機内での過ごし方

離着陸時の高度の変化によって耳や鼻に違和感を覚えるお客様は、深呼吸したり、ガムを噛んだり、飴をなめたり、水分を摂るようにしましょう。

静脈血栓症(いわゆるエコノミー症候群)を予防するため、十分に水分を摂り、搭乗前や機内にてアルコール類を控えましょう。また、飛行中はゆったりした靴を着用し、時々座席から立ち上がって足を伸ばしましょう。

時差ぼけについて

出発前に十分な休養と睡眠をとり、滞在日数が2日程度の場合は、日本の夜にあたる時間にまとまった睡眠をとるようにしましょう。 滞在日数が多い場合は、健康に注意して行動し、できるだけ早く現地時間に合わせられるようにしましょう。 自国より西に向かう場合の方が、時差ぼけが早く解消される傾向があります。

 

エコノミー症候群を予防するには

深部静脈血栓症(いわゆるエコノミー症候群)について

深部静脈血栓症(いわゆるエコノミー症候群)発症の引き金となる要因としては、遺伝的要因、長期にわたるホルモン療法(医学的な監督指導がない場合)、凝固因子の著しく持続的な変化(適切な治療を行っていない場合)などがあります。また、手術(特に循環器系の手術)を最近受けた場合、以前に発症した静脈血栓症を治療しなかった場合、最近下肢に重症を負った場合なども、発症しやすくなることがあります。
エコノミー症候群を予防するため、下記に留意してください。

  • 十分に水分を摂りましょう
  • 搭乗前や機内にてアルコール類を控えましょう
  • 足首を締め付けないゆったりした靴を着用しましょう
  • 座席では足を組まないようにしましょう
  • 時々座席から立ち上がり、通路で足を伸ばしましょう
  • できるだけ頻繁に体を動かしましょう