確認

または国を選択

IT US UK FR ES

燃油サーチャージ

2017年4月1日以降発券分
2017年4月1日以降発券分より、日本発運賃に対する「燃油サーチャージ」を改定させていただくことになりました。引き続き、皆様のご理解を賜りますようお願い致します。

 

発 効 日
2017年4月1日発券分より
徴収額(YR)
徴収額(YR) 日本~イタリア間 インターコンチネンタル・フライト 
1区間 7,300円  
※600円の航空保安料を含む 

上記、及び【日本~南米間】以外で、 
アリタリア-イタリア航空日本発航空券に切り込まれる国際線・イタリア国内線 
1区間 3,300円 
※600円の航空保安料を含む
対象
日本発運賃すべて 
(小児の燃油サーチャージは大人と同額 / 幼児は免除)

 

尚、この「燃油サーチャージ」は燃油の高騰が終息した場合、減額または廃止させて頂きます。 

燃油サーチャージの減額・廃止条件: 
米ドル平均額に同期間の為替レート(円/米ドル)平均額を掛けて円建ての平均額を算出し、それを《表2》に照らし合わせて円建ての燃油追加料金額を算出します。

なお、平均燃油価格が1バレルあたり5,000円を下回った場合は、《表2》のとおり翌々月1日発券分から燃油サーチャージを廃止する申請を致します。 

《表1》

 

実施期間(発券日ベース)
燃油価格動向の確認時期
燃油価格動向の把握
4月1日
2月に確認
12月から1月までの2ヶ月平均価格
6月1日
4月に確認
2月から3月までの2ヶ月平均価格
8月1日
6月に確認
4月から5月までの2ヶ月平均価格
10月1日
8月に確認
6月から7月までの2ヶ月平均価格
12月1日
10月に確認
8月から9月までの2ヶ月平均価格
2月1日
12月に確認
10月から11月までの2ヶ月平均価格

 

《表2》

 

シンガポールケロシン 価格(1バレル)
燃油サーチャージ
航空保安料
8,000円以上9,000円未満
10,200円
600円
7,000円以上8,000円未満
6,700円
600円
6,000円以上7,000円未満
3,200円
600円
5,000円以上6,000円未満
1,400円
600円
5,000円を下回った場合
廃止
600円

 

※尚、【日本~南米間】に適用となる燃油サーチャージは以下の通りです。

 

徴収額(YR)
日本~南米間(SAO/BUE/RIO/CCS) 
片道 27,000円  
※600円の航空保安料を含む
対象
(小児運賃の燃油サーチャージは大人と同額 / 幼児運賃は免除)

 

 

※2011年10月1日以降発券の航空券における、払い戻し不可運賃の燃油サーチャージ及び航空保安料の払い戻しについて 
払い戻し不可の航空券においては、政府・空港によって課せられた税金、空港施設使用料のみが払い戻されます。燃油サーチャージ及び航空保安料は航空運賃の一部として取り扱う為、未使用の場合であっても払い戻しの対象となりませんのでご注意下さい。