デジタル自己証明

アリタリア航空の国内線の自己認証がデジタル化!

デジタル自己証明書は、alitalia.comのウェブサイトおよびアリタリア航空のアプリを利用したオンラインチェックインの際に記入します。 以下に簡単な手順をご紹介します。

 

1. オンラインチェックインのページに行き、フライト情報を入力します。

 

2. チェックインする搭乗者を選択します。

 

3. 「自己証明書の作成」をクリックします。

 

4. 各項目に記入する自己証明書のフォームが自動的に開きます。

 

5. データを確認し、搭乗者のデータの入力を続けます。

チェックインが完了すると、以下の内容が搭乗券に表示されます。「COVID-19の自己証明書が完了(AUTOCERTIFICAZIONE COVID-19 COMPILATA)」 自己証明書は、受領・管理を行う機関に直接送付されますので、フォームを印刷する必要はありません。 空港では、通常通り搭乗券をご提示ください。

 

オンラインチェックインができない場合でもご安心ください。 こちらから紙のフォームをダウンロードしていただき、搭乗者ごと、路線ごとに記入した自己証明書を持って空港へお越しください。


2021年5月14日付けの保健省令により、5月24日以降、海外からイタリアに到着するすべての乗客は、Covid-19の自己証明書 に加えて、デジタル形式の乗客追跡フォーム (dPLF: Digital Passenger Locator Form) を記入する必要があります。

 

乗客追跡フォームをデジタル形式で作成するには、以下の手順に従ってください。

 

1. https://app.euplf.eu/#/のサイトにアクセスします。

2. 案内された手順に従ってdPLFにアクセスします。 3. 送信先の国は「イタリア」を選択します。

4. ユーザー名とパスワードを入力して個人アカウントを作成し、サイトに登録します。

5. 案内された手順に従って、dPLFを記入し、送信します。

 

フォームを送信すると、登録時に指定したメールアドレスにpdf形式のdPLFと、搭乗時およびチェックを行う担当者に提示するためのQRコードが送られてきます。 またはdPLFを印刷して提示していただくことも可能です。

 

dPLFは搭乗前に記入して送信する必要があります。  割り当てられた座席番号に関連するフィールドは、いつでも変更が可能です。

 

大人の乗客1人につき1枚のフォームを記入する必要があります。未成年者がいる場合は、同伴の大人のフォームに記入することができます。 同伴者のいない 未成年者の場合は、出発前に保護者がdPLFを記入する必要があります。

 

例外として、技術的な理由でこの紙のフォームに記入していただくことも可能です。

 

皆様のご搭乗をお待ちしております。