確認

または国を選択

IT US UK FR ES

個人情報

アリタリア‐イタリア航空の個人情報保護方針

個人情報の利用に関する方針および同意書(イタリア共和国政令第 196号(2003年6月30日施行) 第13条に準ずる文書)

アリタリア‐イタリア航空 (以下「アリタリア‐イタリア航空」といいます)では、イタリア共和国内で「個人情報保護」に関するEU指令を施行するために同国政府が発した、2003年6月30日付の「個人情報保護法」に関するイタリア共和国政令第196号に定められている法規に従ってお客様に関するあらゆる情報を取り扱います。 

アリタリア‐イタリア航空 は、どのような方法で取得した個人情報についても、基本的な権利、自由および個人の尊厳を尊重して(特に、機密保持、個人を識別できる情報の保護および個人情報保護に関する権利について踏まえた上で)処理することを保証いたします。 この方針は、アリタリア‐イタリア航空のWEBサイト上にあるリンクからアクセスできる、アリタリア‐イタリア航空の提携航空会社のWEBサイトを通じて取得される情報には適用されません。また当社は、前述の他社サイトについていかなる方法でも責任を負いません。 なおこの情報の処理については、各提携航空会社が別途定めている方針をご確認ください。 

アリタリア‐イタリア航空は、保安上の理由により、通常の搭乗予約手続きの過程で取得したお客様の個人情報やフライト情報を、妥当な範囲内で、世界各国の管轄機関(特に、出入国管理局や税関。またイタリア共和国の出入国管理および国境警察総局から請求がある場合には同国の管轄機関)へ通知する必要があります。 この通知は、運送約款に従って航空運送を行うために必要な通知です。 

また、情報の機密性を確実に保持するために当社が講じている対策は、 2007年2月15日に作業部会が公表した、個人情報保護に関する意見書第2/2007号の第29条の定めに準ずるものですが、この意見書については、2008年6月24日に、航空会社が米国の管轄機関へPNR情報を引き渡すことについてお客様へ伝えるべきことに関する見直しと更新が行われました(詳しくは、米国へ渡航するお客様向けの情報を参照してください)。 

このページの方針は定期的かつ慎重に確認して、遵守する必要のある更新もしくは改訂の内容把握、国内外のもしくは各地域の法律の採用および/もしくは遵守、または新たな情報保護技術への適応などを行ってください。 

なおアリタリア‐イタリア航空のWEBサイトまたは他の情報取得手段を通じてお客様の個人情報がどのように利用されるかについて完全な情報を得ることを望むすべてのお客様がその情報を得られるよう、この方針の更新情報は、常時閲覧可能な状態でこのWEBページに掲載いたしますので、 

アリタリア‐イタリア航空のWEBサイトをご利用いただく際には、このページを毎回ご覧いただくことをお勧めします。

情報処理方法

個人情報は、情報処理業者と呼ばれる適切な外部の提供業者によって行われる場合を含めて、万全のセキュリティ対策および機密保持対策が講じられている環境で処理されます。また、個人情報の処理は、個人情報を保管、管理および伝送できる、手動ツールや自動ツール(コンピューターとテレマティックス装置の両方)で実施される場合があります。 個人情報は、合法的かつ適切な方法で処理されます。また個人情報は、具体的かつ明確で、合法的かつ的確な目的を達成するために取得および記録される他、前述の目的と関係のある完全な目的を達成するのに必要な場合に更新されます。なおいずれの処理も、その目的の達成に必要な範囲内でのみ行われます。さらに個人情報は、個人情報を取得して処理する目的を達成するのに必要な期間を超えない期間において、該当する個人を識別できるような方法で保管されます。

お客様が自主的に提供する情報

アリタリア‐イタリア航空では、当社のコールセンターにて情報提供を受けるという方法、当社のWEBサイトやモバイルサイトにて各種登録フォームへ自主的に情報を入力していただくという方法、また郵便またはeメールにて任意の明確な情報を当社へ送付していただくという方法で個人情報や他の情報を取得します。 この情報には、個人のお客様から依頼されるサービス(主に、航空運送サービス)もしくは他のサービス(ニュースレター配信サービスなど)を提供するために必要な情報、および/または個人のお客様へ連絡するために必要な情報(連絡用のメッセージに入力する氏名、住所、他のあらゆる個人情報)があります。 このWEBサイトに掲載されているアドレス宛に、明確な情報を含むeメールを任意かつ自主的にお送りいただいたお客様は、返信に必要な差出人のeメールアドレスや、連絡用の書簡に入力していただいた他の個人情報を、後日当社が収集することについて黙示的に認めたことになります。

サイト閲覧時に電子ツールが取得する情報

アリタリア‐イタリア航空のWEBサイトやモバイルサイトの運営に用いられているコンピューターシステムやソフトウェアプロシージャーは、 お客様が前述のサイトを通常利用する際に一連の個人情報を取得します。この一連の個人情報は、お客様が各インターネット通信プロトコルを用いて前述のサイトに接続する際に当社へ自動的に送られます(なお、この一連の個人情報には、お客様が前述のWEBサイトへのアクセスに用いたコンピューターのIPアドレスまたはドメイン名、お客様がリクエストしたリソースのURL、リクエスト日時またはセッションタイム、サーバーへのクエリ送信に用いられた方法、リクエストに応じて受信されたファイルのサイズ、リクエストに対するレスポンスとしてサーバーが返したステータスコード、またお客様のオペレーティングシステムやコンピューター環境に関する他の種類の情報などがあります)。

COOKIES

お客様がアリタリア‐イタリア航空の WEBサイトを閲覧する際には、お客様のコンピューターまたはブラウザを識別できるような情報が「Cookie」と呼ばれるファイルを使って取得されます。「Cookie」は、お客様が後日WEBサイトを訪れた際に素早く識別できるようお客様の携帯電話(アクセス先がモバイルサイトの場合)またはコンピューター内に暗号化された状態で保存されるテキストファイルです。 モバイルサイトのCookieは、名前、苗字および航空券番号と関係のある情報のみの保存に用いられます。 コンピューター上のCookieは、各種WEBページへのアクセス回数をチェックしてリクエストされた情報をより良い形で表示できるようにするという方法で、各お客様のご要望に応じてWEBサイトをカスタマイズし、より簡単に閲覧できるようにするために用いられます。 当社が利用するコンピューター上のCookieには、IPアドレスを除くいかなる個人情報も保存されません。 Cookieの識別番号は、お客様が提供する個人情報と関連付けられないため、Cookie内の情報は匿名情報として保存されます。 なおお客様は、ご自身のブラウザの設定を変更することで、いつでもCookieを無効にできます。 

  
Cookieに関する詳細

コールセンターを通じて取得する情報

アリタリア‐イタリア航空のWEBサイトに掲載されているコールセンターにお電話でご連絡いただいた場合、お客様がご希望の航空券の予約および購入や渡航書類の発送、発券済航空券の変更または再発券、返金、アフターサービス、特別なお手伝いならびにフライト関連の各種サービスの購入など、お客様がご希望のサービスを提供するために必要な個人情報を取得する場合があります。また電子取引の最終段階では、お客様のクレジットカードに関する所定の情報を取得しますが、この情報は、関連法に定められている必要なあらゆる情報保護策が講じられている環境で処理されます。 アリタリア‐イタリア航空では、第三者機関のコールセンターも利用しています。このコールセンターは、当社との特別なサービス契約に基づき、常にあらゆる個人情報保護規制を尊重し、当社に代わり関連業務を行う業者で、 。 なおこの第三者機関のコールセンターがEU諸国外でアリタリア‐イタリア航空所有の情報を処理する場合、アリタリア‐イタリア航空は、コールセンターに対し、EU指令95/46/ECとその後の欧州委員会における決定に定められている情報保護策を講じるよう求めます。

取得目的

アリタリア‐イタリア航空は、当社のWEBサイトの各エリアや関連コンテンツへのアクセス許可やアクセス資格の付与、また前述のエリアやコンテンツへのアクセス権を個人のお客様に付与するために必要な個人情報を、当社のWEBサイトを通じてお客様から取得します。 既述の通り、アリタリア‐イタリア航空は、 お客様に対する約定義務の履行、お客様による航空券の予約や購入に伴う業務、各種付帯サービス、各種報告書やお客様から寄せられたご要望への対応、また前述の他の目的などに必要な情報を取得します。 このため、当社がこれらの作業を行うことは、アリタリア‐イタリア航空の業務および営業責任者、営業に関する各種契約に基づき作業を実施する提携航空会社、また航空運送サービスや関連サービスの実施に伴い必ずまたは任意で行うべき補償に備えるためアリタリア‐イタリア航空が契約している保険会社などに対し、必要に応じて前述の情報が開示されることを意味します。 当社が各種契約関係を通じて提供を受けるか取得する個人情報および/または機微情報は、所定のサービスの提供に必要な範囲内でのみ、下記の関係者に開示される場合があります。 

  • サービスの改善を目的とするアリタリア‐イタリア航空の社内関係者。 アリタリア‐イタリア航空が2003年イタリア共和国政令第196号に規定の手順に沿って情報処理業者に任命した関係者です 。
  • アリタリア‐イタリア航空の社外関係者。 当社の業務と密接に関係のある業務または当社業務に役立つ業務であり、アリタリア‐イタリア航空の業務に不可欠だと考えられる業務を行う関係者です。

 

また慎重に扱うべき情報は、2003年イタリア共和国政令第196号第26条注記4に定められている、該当する個人の明示的な同意なく処理される場合もあります 。 この情報が開示されることはありません。 (このWEBサイトの通常の運営管理の過程では行われないような)例外的な処理が行われる場合、管轄当局は、 2003年イタリア共和国政令第196号第157条に従い、個人情報処理を管理するために必要な最新情報や他の情報を請求することができます。 なおこの場合、請求された情報は必ず提供しなければならず、提供しないと罰金刑に処されます。 アリタリア‐イタリア航空は、「情報管理業者」として、この方針に定められている目的の達成に必要な場合に限り個人情報を処理および利用することをお客様に対しお約束いたします。

ソーシャルネットワーク経由でのアクセス

ミッレミリアプログラム(以下「本プログラム」といいます)の会員様が当社のソーシャルログインサービス(以下「本サービス」といいます)への加入をご希望の場合、アリタリア‐イタリア航空は、会員様が本サービスへの加入時に提供する個人情報を、 紙面、電子メディアならびに/またはコンピューターおよび/もしくはテレマティックス装置を用いて収集および記録する他、該当する個人情報を、「個人情報保護法」の条項に従い、セキュリティと機密性を守るために適切な手段で保護および処理します。 また、加入時に直接提供される情報またはソーシャルネットワークを通じて間接的に提供される情報は、本プログラムへの加入と密接に関係のある目的や本プログラムへの加入に役立つ目的、本プログラムへの加入そのものに伴う目的、またアリタリア‐イタリア航空が本サービスを会員様のご要望に応じてカスタマイズする目的に用いられる場合があります。 アリタリア‐イタリア航空は、お客様から同意を得た場合に限り、提供された情報を、 プロモーション、広告およびマーケティングの活動に利用できます。なおこの活動には、商品およびサービスの広告の配信、プロモーションおよび情報提供を行うための資料の送付や、提供済のサービスおよび商品に対する満足度を把握するための統計的分析などがあります。 Email privacy@alitalia.com

権利行使

アリタリア‐イタリア航空 のお客様は、所定のアドレス(privacy@alitalia.com)宛にeメールを送信するかまたはお客様に適切にお知らせするその他の手段を利用して連絡することにより、 正規の手続を経なくても、2003年イタリア共和国政令第196号第7条に定められている各種権利を行使できます(なおこの権利には、情報の有無、前述の情報が理解しやすい形式で伝達されているかどうか、前述の情報の入手元、前述の情報を処理、更新、訂正または統合する目的や方法、違法に処理された前述の情報の削除、匿名化または利用停止などについて確認する権利や、前述の情報のすべてまたは一部の利用に反対する権利が含まれます)。 なおこのアドレスは、個人情報保護に関する連絡先のため、個人情報保護以外のご連絡(例えば、各種ご要望、払戻請求、ミッレミリアプログラムに関するご依頼など)につきましては対応できませんのでご注意ください。 個人情報保護以外のご連絡につきましては、(お問い合わせ先、乗り継ぎアシスタンスまたはミッレミリアについて掲載されているページなどをご覧の上)専用の電話番号やeメールアドレス宛にお寄せください 。 アリタリア‐イタリア航空グループからの情報配信を希望されないお客様は、下記の手順でお手続きください。 

  • アリタリア‐イタリア航空からの販売情報の配信を停止するには、すべてのeメールの最後に記載されている配信停止手続きページへのリンクをクリックしてください。 配信停止手続きには数分かかる場合があります。 手続き完了の確認メッセージが表示されるまでは、該当ページから他のWEBページにアクセスしないでください。 情報配信は、配信停止手続き完了日から5日以内に停止されます。
  • ミッレミリアプログラム情報の配信を停止するには、"Your Profile(お客様の登録情報)"ページにアクセスし、"News and Offers(ニュースとキャンペーン)"の"Communication(配信)"セクションにて"No communication(配信停止)"を選択してから"Update(更新)"をクリックしてください。 または、カスタマーサービスまでお問い合わせください。 お客様の登録情報は、この手続きの完了日から5日以内に更新されます。

データの管理責任者とデータ処理者

デーのタ管理業者はアリタリア‐イタリア航空であり、 
登記上の本社所在地は次のとおりです: Via A.Nassetti 
Pal. NHQ 
00054 
Fiumicino (RM), Italy

 

米国へ渡航されるお客様向け

 

個人情報の利用に関する方針および同意書(イタリア共和国政令第 196号(2003年6月30日施行) 第13条に準ずる文書)

 

米国の管轄機関は、2003年3月5日に、保安上の理由およびアメリカ合衆国の保護を理由に、お客様の情報に電子的にアクセスする権利を米国税関・国境警備局(CBP)に付与するようアメリカ合衆国で離発着する航空会社に対して求めました。 

この要求に応じない航空会社は、重い罰金刑に処される可能性がある他、アメリカ合衆国での着陸に必要な権利を失う可能性があります。 
なお前述の航空会社のお客様も、米国の空港にてこれまで以上に精密で広範囲に及ぶ審査を受ける可能性があり、これに伴いさまざまな不都合が生じる可能性があります。 
アリタリア‐イタリア航空では、アメリカ合衆国で離発着するヨーロッパのあらゆる航空会社と同様に、前述の要求の履行に向け努力しています。 
米国の管轄機関へのお客様情報の引渡しは、事実上、アメリカ合衆国で離発着を行う航空運送サービスの運用条件となっています。 
このため、前述の機関によるお客様情報へのアクセスに同意できないお客様は、アメリカ合衆国で離発着する航空機にご搭乗いただけません。 アリタリア‐イタリア航空は、前述の機関の要求に従うため、出発時刻の72時間前までに前述の情報が提供されない場合、予約をキャンセルする権利を留保します。 

PNR情報の引渡しは、2007年7月26日にEUと米国の間で締結された国際協定で定められました。 EUでは、各航空会社による前述の義務の履行を保証しています。 このためアリタリア‐イタリア航空は、前述の要求に従う必要があります。 米国の管轄機関(DHS – 米国国土安全保障省)が引渡しを求めている、欧州連合(EU)と米国を結ぶフライトと関係のあるPNR情報についての詳しい説明は、ここをクリックして、欧州共同体が2007年8月4日に公表した官報第L204号に掲載されている、国際協定および添付されているDHSからの書簡をご覧ください。 

なおアリタリア‐イタリア航空では、予約フォームに入力された情報(欧州共同体との協定に従いアメリカ合衆国に引き渡される情報)の処理および引渡しに関する下記のような情報(下記の欄に質疑応答形式で掲載されている情報)をお客様に把握していただく必要があると考えています。

 

 

 

引き渡される情報

 

- 米国の管轄機関はどのような旅客情報にアクセスできますか?
米国税関・国境警備局(US CBP)には、アメリカ合衆国で離発着を行うフライトと関係のあるPNR(旅客予約記録、またはフライト予約手続き中に登録済のお客様が提供する情報)にアクセスする権利があります。 
このアクセス権は、お客様が旅程の予約を行うたびに航空会社が使用するコンピューターシステム内で作成される電子「ファイル」へのアクセス権です。このファイルには、お客様の氏名、電話番号、フライト詳細(搭乗日、出発地と目的地、座席番号、荷物数など)などの各種情報や、担当旅行代理店名や支払方法などの情報が含まれます。 
このためPNR情報には、予約時にお客様が提供するあらゆる情報が含まれます。 なお離陸直後にも、お客様のパスポートに記載の詳細情報(苗字、名前、誕生日、国籍、パスポート番号および性別)が米国の税関および移民局に送られます。

 

 

 

管轄機関と目的

 

- 旅客情報へのアクセスや旅客情報の保管を行う担当者、および旅客情報の利用目的について教えてください。
お客様情報には、米国国土安全保障省の付属機関であるUS CBPがアクセスします。 
この機関は、テロ行為や重大な犯罪行為を防止および撲滅するためにお客様情報を利用します。 
なおUS CBPは、該当情報を一般に公開することはできません。 お客様情報は、テロ行為を撲滅するか、法的義務を果たし司法機関の利益に資するために必要な場合、米国の法律に従い、前述以外の米国の管轄機関に提供される場合もありますが、 この情報提供は、個別評価後に、テロ行為または重大な犯罪行為を防止および撲滅する上で必要だと判断された場合に限り行われます。 
またこの情報提供は、お客様もしくは第三者にとって極めて重要な利益を守るため(特に深刻な健康被害からお客様を守るため)に必要な場合、または刑事訴訟手続きもしくは準拠法が求めている他の訴訟において必要となる場合にも開示される場合があります。

 

 

 

情報処理

 

- 旅客情報はどのように利用されるのですか?
大半のお客様が円滑に入国できるようにし、US CBPが、米国の保安上脅威となる可能性のある一部の搭乗者のみに焦点を当てられるようにするため、予約システム内のお客様情報は、該当フライトの出発時刻の48時間前までにUS CBPが傍受し、お客様がアメリカ合衆国へ到着する前に行われる審査に用いられます。 
この情報は、原則として7年間保管されますが、この期間内に手作業でアクセスされた情報については、さらに8年間保管される可能性があります。 
また、米国の管轄機関は、妥当なあらゆる技術的および組織的な対策を講じてこの情報の無断利用を防止します。

 

 

 

お客様の権利

 

- 旅客に付与される権利およびその権利を行使する方法を教えてください。
米国の管轄機関は、原則として、自らが傍受し自らのデータベース内に保管しているPNR情報のコピーの提供請求をお客様から受けた場合、これに応じます。 お客様は、US CBPまたは米国運輸保安庁(TSA)が、請求は妥当な裏付けのある正当性なものであると判断した場合に限り、ご自身の情報の修正および取得を請求できます。 
請求を拒否された場合には、司法機関に訴えを提起することができます。 
お客様は、PNR情報の処理に関する修正や要望を(直接または加盟国の情報保護責任機関を通じて間接的に)DHS情報保護局(情報自由法[FOIA]プログラム担当部門)宛に送ることができます。この宛先は、 

米国国土安全保障省 
個人情報保護局 
FOIAプログラム担当部門 
住所:245 Murray Drive SW 
STOP-0550 
Washington, DC 20528-0550 
フリーダイヤル:+1 866 431 0486 
電話番号:+1 703 235 0790 
ファックス番号:+1 703 235 0443 
eメールアドレス:foia@dhs.gov

なおお客様は、自国の管轄機関を通じて個人情報保護に関する追加情報を受け取ることもできます。 またイタリアでは、イタリア共和国情報保護機関(住所:Garante per la Protezione dei Dati Personali, Piazza Montecitorio, 121 – 00186 Rome、電話番号: 06 69677713、ファックス番号:06 69677715)にお問い合わせください。 
アリタリア‐イタリア航空では、現在、米国の管轄機関によるPNR情報へのアクセスのみを認めています。 

ただし、近い将来において、米国以外の国が、自国で離発着する航空会社の予約情報にアクセスできるような類似の制度を導入する可能性を排除できません。

 

 

カナダに渡航されるお客様

2007年6月18日より、カナダ政府は旅客保護プログラム(Passenger Protect Program)を実施しています。 
旅客保護プログラムとは、テロ対策として国境検問所で行うべき業務を定めたもので、カナダに離発着するすべての航空会社は、チェックインの際に乗客の名前とカナダ当局から提供された名簿を照らし合わせ、名簿内の名前と同名の乗客の搭乗を許可すべきかどうかを確認するよう求められています。 当初は任意だった旅客保護プログラムについては、2008年9月より全航空会社に実施されることになりました。

高額の罰金を課せられたり、最悪のシナリオが起きてカナダへの離着陸の権利を失ったりすることのないよう、アリタリア‐イタリア航空は、事前にイタリアのデータ保護局と協議の上、当プログラムに協力する事にいたしました。 一方、イタリアのデータ保護局が、欧州委員会に旅客保護プログラムの詳細な分析を依頼したところ、2003年イタリア共和国政令第196条第24項の 24 letter g. of Legislative Decree no. 196/2003に基づいて、 

アリタリア‐イタリア航空は、お客様に関する次のデータをカナダ当局に提出する義務を負います:名前、生年月日、性別、パスポート番号。 

これらのデータがアクセスされ、当局に提出されることに同意されないお客様は、アリタリア‐イタリア航空を利用してカナダに渡航することはできませんのでご注意ください。 アリタリア‐イタリア航空のセキュリティ部門は、当社のチェックインリストに記載されている名前の中に、カナダ政府から配布された名簿内の名前と一致するものがあるかどうかを確認する責任を負っています。 なお、データの管理責任者はAlitalia S.p.A.、 データ処理を担当するのはオペレーション部門です。 なお、2003年イタリア共和国政令第196条7項 に定められているすべての権利を行使する方法については、アリタリア‐イタリア航空個人情報保護方針でご確認いただけます。また、政令第7項 に関連する権利の詳細につきましては、WEBサイト:www.garanteprivacy.itにてご覧いただけます。

日本に渡航されるお客様

2007年2月1日より、出入国管理および難民認定法の一部改訂を受け、日本当局は、日本へ渡航する乗客すべてに対し、個人情報が記載されたパスポートを準備することを義務付けました。 

航空会社は、乗客データを日本当局に提出することを条件に、日本への就航の許可を得ています。 

データが日本当局に提出されることに同意されないお客様は、日本に渡航することはできません。