, 「座席指定」サービスの払い戻しリクエスト

ALITALIA

Alitalia

「座席指定」サービスの払い戻しリクエスト

次のような場合には、他のフライトでの使用をご希望される場合を除き、支払った代金の払い戻しを請求することができます。

 

  • 航空会社の非効率性 (例:フライトのキャンセル) や、ご購入されたお座席と同様の特徴を持つお座席をご利用いただけないà新しいフライトで、お客様を再ルーティングする場合(例:航空機の変更)
  • アリタリア航空またはパートナー会社が運航するフライトの遅延により、「座席指定」を購入されたフライトへの接続に間に合わなかった場合。
  • お座席に故障があった場合
  • 運航上、技術上、または安全上の理由から、アリタリア航空による搭乗前または搭乗後の座席変更があった場合。
  • お客様が、上位クラスへのアップグレードの購入を受け入れることを決められた場合。  

 

病気/死亡によるフライトのキャンセルの場合でも、払い戻しまたはチケットの変更の要求と同時に払い戻しを要求することが可能です(どちらの場合も、病気/死亡によるキャンセルは診断書または死亡診断書による有効な書類によって証明される必要があります(アリタリア‐イタリア航空国際運送約款 第3.3.5-3.3.7条

 

  • 近親者:配偶者、子供(養親を含む)、両親、兄弟/姉妹、祖父母、孫、義理の兄弟、義理の姉妹、義理の息子、義理の娘。 この場合、適切な証明書(家族の身分または地区や登記所などの担当機関によって発行されたその他のもの)によって親等の程度が示される必要があります。
  • 同じ予約記録の親族または友人である乗客。

 

 

お客様による任意の変更 (例:日付、フライト、ルートの変更など) があった場合、 変更後のフライト区間の「座席指定」サービスは無効となり、払い戻しを請求することはできません。旅程の更新された区間について、空席状況に応じて、「座席指定」をご購入し直していただけます。

 

 

 

 

「座席指定」サービス規則で要求され、示されている要件が満たされていない場合、払い戻しの要求はお承りいたしかねます。

必須項目 *

旅客情報
フライト情報